お薬Q&A

お薬のもらい方

くすり屋さんには、薬局と薬店があります。「保険薬局」「保険調剤」「処方せん受付」などの表示のある薬局であれば、どこでも調剤してもらえます。薬店では、調剤できませんのでご注意ください。お好きな薬局にお持ちください。かかりつけ薬局、かかりつけ薬剤師を作っておかれると便利でしょう。

処方せんは、交付日を含めて原則4日以内が有効です。また、有効期限を指定し処方せんは、その有効期限内なら、いつでも調剤します。

処方せんがあれば、ご本人でなくても大丈夫です。患者さんはお宅でお休みになり、ご家族の方などが処方せんをお持ちになっても、調剤することは可能です。

薬剤師は、医者の診断の結果、症状に応じて出された処方せんにもとづいて調剤をおこないます。医師の診察を受けて、処方せんを出してもらってください。

はい。お薬を安心して使っていただくために、使用方法・薬効・保管方法・副作用など、充分説明いたします。お薬について疑問がありましたら、薬局の薬剤師になんでもお問い合わせ下さい。

お薬の飲み方

食前・・・ 食事の約30分から1時間前
食直前・・・ 食事のすぐ前
食直後・・・ 食事のすぐ後
食後・・・ 食事の後、約30分以内
食間・・・ 食事の後約2時間後
就寝前・・・ 寝る直前、または30分~1時間前

水または湯冷ましで飲むことをお勧めします。多くの薬はアルコール、牛乳、コーヒー、紅茶、ドリンク剤、グレープフルーツ ジュースetc・・・と相互作用を起こしやすくなっています。薬の効き目が強くなったり、逆に弱くなったりすりこともあります。

食事をしていなくても3回飲んで良い薬がほとんどです。ただし、食事が不規則な方は、お薬を受取る際、調剤薬局窓口の薬剤師にご相談ください。薬によっては空腹時に服用すると、低血糖や胃痛を伴う場合がありますので薬剤師にご相談ください。

ミルクぎらいになる事があるので混ぜない方がいいです。少量の水でお薬を練ってうわあごにぬりつけた後にミルクをあげて下さい。お薬の相性もありますが、ココアやアイスクリームなどと一緒に混ぜると服用しやすくなります。

同じような効果の成分が入っている場合がありますので、薬剤師にご相談ください。

通常は38.5度とか、38度とか説明されることが多いと思います。小数点以下はあまり厳密に考える必要はありません。もちろん平熱が高かっりた低かったりする方の場合は、その分を足し引きして考えて下さい。

お薬の保管方法

高温、日光、湿気を避けて、乳幼児や小児の手の届かない場所に保管してください。お薬の種類によっては、冷所保存や暗所保存のものなど、特殊な保管の仕方の薬もありますので、薬局でよく説明を聞いてください。また、誤用を避けるために、内服薬と外用薬を区別して保管した方が良いかと思われます。

大体のものはおよそ1ヶ月くらいを目安にしてください。ただ、使い方によるので、一概には言えません。指定のあるものはそれに従って下さい。

目薬の種類によって保管方法が異なります。薬剤師の指示に従って保管しましょう。

インフルエンザなど、病気によって使用できないお薬があります。また、成長の著しい小児の場合は体重が変わってきますので、以前のものとでは使用量が変わる事があります。必ず相談のうえ使用してください。その場合有効期限内で保存も適確にされている(冷所)事もご確認ください。

円 模様

円 模様

お問い合わせ

店舗へのお問い合わせは直接店舗へお電話ください。
その他ご相談等は以下の本部へお問い合わせください。

運営会社 株式会社ワークイン
花巻本部

ページ上部へ