社内行事・イベント

全社員が集まり、『生命を繋ぐ地域医療』をテーマに、つくし学術大会を 開催致しました。

特別講演『健康寿命から考える予防医療』として栗原クリニック東京・日本橋 院長 栗原 毅 先生より、血液サラサラにする為の食生活・サプリメントの 取り入れ方、また遠野の無医村地区での遠隔治療から今後の地域医療の 在り方について、ご講演いただきました。

また午後の部では、今回の震災で本社・4店舗を失ったつくし薬局がその時 どう行動し、どうやって復興したか、そしてそこから学んだ事は何かを共有し 今後に活かしたいと考え、各エリアから発表いただきました。

今回の学会を通じて、震災を乗り越える為に今後必要な事は何かを、全社員で 共有する事が出来たと思います。 *お昼時間には、大槌出身の歌手 臼澤みさきさんに復興の想いを込めて 歌を披露いただき、みんなのこころが癒された時間でした。

是非みなさん応援をお願い致します。

臼澤みさきさん 公式サイト
http://www.teichiku.co.jp/teichiku/artist/usuzawa-misaki/

1 2 3 4

5

全店舗の薬局長が集まり、薬局長会議を行いました。

当日は、今期の方針や前期の実績報告・各部署からの今期の方針など また、調剤報酬の改定についての再確認や各店舗で実際に行っている サービスの共有を目的とした発表などを行いました。

今期のつくし薬局の進むべき方向性を共通認識することにより、店舗を任されている 薬局長ひとりひとりが会議の内容を踏まえて運営し、今期一年間が進んできます。

1 2 3

4月2日に、入社式が執り行われ、6名が入社いたしました。新入社員の方の宣誓文の中に、 社会に貢献できる薬剤師にいち早くなれるように自己研鑽して参ります。私が考える薬剤師の理想像は、地域の患者さん信頼され、確かな知識を携えた薬剤師です。つくし薬局で働くことにより、私の理想の薬剤師に近づくことが出来ると思いました。との言葉がありました。

今後、社会人として、薬剤師として成長していくことを期待しております。薬剤師資格所有者は、薬学部が6年制に移行してから、初めての社員となります。社内に新しい風をもたらしてくれることでしょう。私たちも、新入社員に刺激を受けながら、共に成長していきたいと思います。

1

社員の交流を目的として、毎年恒例のスキーツアーを企画しました。
当日は天候も良く、みなさん楽しい休日を過ごすことができました。

『つくし薬局は仕事も遊びも一生懸命』

今回も幹事を務めていただきました大町店の佐藤さん、ありがとうございました。

1 2 3 4

5

12月からシリーズとして開催しているつくし薬局セミナーの第2回目です。実習中のお忙しい中、多くの学生さんにお集まりいただき、ありがとうございました。 社会人として医療人として、みなさんが今後求められる部分を感じていただけたのでは ないかと思います。
今後も継続して企業セミナーを開催致しますので、是非ご参加ください。

1 2 3

つくし薬局セミナーin岩手 を開催しました。 当日は休前日にも関わらず多くの学生さんにご参加いただきました。これから就職活動を進めて行くに当たり、参考にしていただけたと思います。

実際に参加いただい学生さんからは、『就職活動のポイントがわかりました』と いった感想があり、今後も良い就職に向けサポートさせていただきたいと思います。

1 2 3 4

色々な事があった今年だからこそ、みんなが顔を合わせる機会を設けたいと想い 全店舗合同の忘年会を行いました。忘年会を始める前に、震災復興プロジェクトの 説明と全社員から募集したキャッチフレーズの表彰式を行いました。

最優秀賞には末広店 上林さんの『いつも一緒、ずっと一緒』が選ばれました。 震災直後、避難先でお互いに助け、励まし合い朝を迎えたように、ひとりではない これからもみんなが一緒に前を向いて進んで行こうという想いが込められています。

忘年会を取り纏めた、幹事の阪本さん・松橋さん・高橋さん、お蔭様でみんながまた 明日から頑張れる気持ちになれた会でした。本当にありがとうございました。

1 2 3

6 7

2011.10.1 16:00~

10月1日(土)仙台にて内定式を行いました。当日出席いただいた学生のみなさん、ありがとうございました。4月以降にみなさんがどのような研修を受け、成長していけるかを感じ取って いただけたと思います。

これから、入社までの間も色々とフォローさせていただきますので、今後も よろしくお願い致します。

1

10月より教育研修課が中心となり、研修会を実施中です。社内研修は、社員ひとりひとりに合ったオーダーメイドの研修を行っています。つくし薬局には、教育研修課という部署があり研修プログラムを作成し 全社員が研修を受けることが出来る環境を整えています。

集合研修のような、ただ受ける研修ではなく、小グループで今この事を 学ぶことにより、更にステップアップを望めるというテーマを それぞれのポジションで設定しております。

また、研修のポイントとして明日から実践に生かし、研修の効果が 体感できるような内容で構成されております。

1

5