新着情報

4月1日に入社式が執り行われ、私達に新しい仲間が加わりました。社長・管理職のみなさんからお祝いと激励の言葉を頂き、新入社員も、今日から社会人としての仕事が始まっているという意識に切り替わった様に感じました。研修期間中も、社会人・薬剤師としての準備をしっかりと出来る様に、先輩社員がフォローして行きますので、同期の絆を大切にして、約2ヶ月間に渡る研修に望んで欲しいと思います。

2 3 1

研修期間:2014年4月〜2014年5月

今年度の新人研修は、会社・同期を理解し、医療人・社会人としての自覚を持つことを目的として行いました。社内講師による講義や新入社員同士のディスカッション、3分間スピーチ、社内行事の企画・運営等を通してお互いの理解は深まったのではないかと感じています。それから処方解析や模擬投薬を行うことで、実際の医療現場で必要な知識やコミュニケーションを実感してもらいました。今後、店舗配属となってからは、この研修期間での経験を忘れずに、いつまでも学び続ける姿勢と人への感謝の想いを大切にしながら、毎日を過ごして欲しいと思っています。

1  3

6

ハートプロジェクトリーダー・千田、末広店・上林、私と3人で 大槌小学校へ体操着の贈呈に行って参りました。私自身、去年姪がハートプロジェクトで体操着を頂き、 とても喜んでいる姿を見ているので、新入生の皆さんにも 喜んで頂ければうれしいなと思っております。2月17日には、吉里吉里小学校へも寄贈を行いました。 ご協力頂いた皆様に感謝致します。本当にありがとうございました。

大町店 岩間絵理子

詳しくはこちらの特集ページからご確認頂けます

花巻市文化会館の入り口近くにブースを設置し、マグカップ販売活動を行いました。わんこそば大会のために全国各地からいらした多くの方々から御賛同いただき、約60個販売することが出来ました。ご賛同頂いた方のなかには、観光でいらしていた台湾の方もいらっしゃいました。今回の活動に御賛同・御協力いただきました全ての方々に心より感謝申し上げます。

詳しくはこちらの特集ページからご確認頂けます

毎年恒例となりましたつくしスキーです。
今回は9名の参加と少人数でしたが、他店舗の方と関わることができる貴重な会であります。

今後とも継続して行っていきたいので、来年はこの倍以上の方に参加していただき、多くの方と楽しい時間を共有できればと思っております。

1

開催期間:2014.1.25~26

全店舗の薬局長が集まり、会議・研修を行いました。会議・研修を通じて、これから私たちが企業理念の実現に向けて進んで行く為に 何が必要かを共有出来た時間だったと思います。

会の中では、各薬局長より店舗目標を発表していただきました。集まったメンバー同士がお互いに刺激し合うことで、良い薬局・会社を創り上げて行きたいと感じました。

また、翌日の研修には『バイタルサイン講習』と題しまして、ファルメディコ株式会社代表取締役、狭間研至先生にいらしていただき、実践も交えての講演をい ただきました。今後、在宅業務を進めていく上で、バイタルサインが必要になる場面が出てきた場合、すぐ対応出来る様な準備をしておく事の必要性を感じた講 演でした。2日間の会議・研修を通じて得たものを、店舗スタッフと共有し、明日からの業務に活かしていきたいと思います。

1 2 3 4

今年は、xiディスプレイコンテストの表彰を行い、各賞に輝いたお店の代表の方々に、賞状とギフトセットが贈られました。最優秀賞に輝いた末広店の皆様、おめでとうございました。

宴会の方は、独特のコスチュームに身を包んだ幹事の皆様の登場から始まり、子供の頃の写真をみて誰か当てるクイズ大会と、各店の余興により、例年に違わぬ盛り上がりとなりました。余興のクオリティーが、年々上がってきていることを感じました。準備、進行をしてくださった、佐々木さん、松本さん、福山さん、渋谷さん、本当にありがとうございました。

1 2

3 4  6

全社員が集まり、『地域と共に歩む薬局の未来』をテーマに、つくし学術大会を開催致しました。

午前中は『これからの保険薬局・薬剤師のあるべき姿とは?』として東京薬科大学理事長 今西 信幸 先生よりお話しいただき、その内容に刺激を受けた社員からは『地域医療、在宅医療において保険薬局だからできる事の多さに気付き、薬剤師は何でも出来る存在なのだと感じました。先生から「勉強は患者さんの為にある」「患者さんの立場にたって考える」というお言葉があり、この言葉を意識しながら、もう一度医療人として自分を見直していきたいと思いました』といった感想があり、今後私たちつくし薬局がどう歩んでいくべきかが明確になったと思います。

また午後の部では、『薬局におけるアンチエイジング医療の実践』として、銀座上符メディカルクリニック院長 上符 正志 先生より、最先端のアンチエイジング医療のご講演をいただき、予防面からこれからの薬局が出来る事の可能性の拡がりを感じる事が出来ました。

お二人の先生のご講演内容を通じて、今回のテーマであります『地域と共に歩む薬局の未来』の実現に向け、講演の内容をもとに日々行動に起こしていく事で、患者さんの満足に繋がり、私たちが目指す薬局の姿に近づく事が出来るという意識の共有が出来たと思います。

*今回のつくし学術大会の開催・運営にあたりまして、ご協力いただきましたみなさまに、深く御礼申し上げます。

1  3 4

5