平成26年9月21日、岩手県北上市にて、つくし学術大会を開催しました。今回は、

『これからの社会(地域)における薬局価値の創生』
~人を、笑顔をつなぎ、新たな薬局への挑戦~

をテーマに掲げ、

株式会社矢野経済研究所 遠藤邦夫先生
東京都ふれあい歯科ごとう 五島朋幸先生

より、特別講演を賜りました。

遠藤先生からは、薬局経営の未来と題された、調剤薬局の社会的な現状と今後の見通しの最新情報、これからの薬局・薬剤師に必要なこと、必要な心構えなどご講演頂きました。社員ひとりひとりが自覚する事が大切で、地域における薬局価値の創世をするためには、薬局本意ではなく、患者さん、地域の方の目線で薬局づくりを考える事が大切であると学びました。

五島先生からは、在宅医療と往診の違いから、嚥下と咀嚼の違い、お口から食べる事の大切さ、先生が取り組まれていらっしゃる食支援のワーキンググループのご紹介と多岐にわたる内容で、ご講演頂きました。訪問歯科医療に取り組まれていらっしゃるとのことでしたが、そのご活躍は訪問のみならず、
地域のためのワーキンググループ運営にまで渡り、地域における先生のご貢献度は計り知れないものがあると感じました。

また、昼食時間には、各店舗の取り組みの発表があり、情報を共有する、貴重な時間となりました。地域が違えば出来る事も違いますが、まずは一歩踏み出すことが非常に大切であると学ぶ事ができた学術大会でした。

20140930-1 20140930-6 20140930-5 20140930-4

20140930-3 20140930-2