平成28年9月25日、毎年恒例のつくし学術大会を開催しました。

特別講演は、ネオフィスト研究所代表の吉岡ゆうこ先生をお招きし、「いきつけ薬局のかかりつけ薬剤師〜2018年ビッグイヤーに向けて〜」という題目でご講演を賜りました。

薬剤師を取り巻く環境変化への対応や、行きつけ薬局というモデルの概念、健康サポート薬局や、ドイツの医療制度、薬局薬剤師の仕事についてなど、多岐に渡る内容に関して貴重なお話をお伺いすることができました。薬剤師、薬局従事者として、グローバルという意味でも、時系的な意味でも、広い目を持ち、現状を把握しながら、薬局の未来、薬剤師の未来に関して考えていかなければいけないと感じました。

昼食時には各種表彰、午後の部では、社内発表が行われました。

社内発表では、社内システムの紹介、OJT研修の報告、海外セミナーや熊本派遣の報告、セルフメディケーション、店舗紹介、日本薬剤師会学術大会口頭発表がありました。他店の方と接する機会が少ない中、取り組みの共有ができる、とても貴重な時間となりました。

最後になりますが、開催にあたりましてご協力いただきました吉岡ゆうこ先生、ホテルシティプラザ北上の皆様、本部実行委員会の方々に感謝申し上げます。

1 2 3 4 5 6